5月, 2014年

刑務所でオペラ〜ドン・ジョバンニ

2014-05-20

 私の同志であり、共に音楽仲間として活動している、すぐ下の妹はポルトガル人と結婚し、ポルトガルの音楽学校で先生をしています。その学校の校長先生は、とても情熱的で常に音楽の力を信じて、色々なことにトライしています。「赤ちゃんのためのコンサート」というプロジェクト・・・これは生まれたばかりの赤ちゃん、小さな子供たちを楽器で囲み演奏し、実際に楽器にも触らせたり・・・まさに音楽に、耳で身体で触れるというもの。コンサート自体にストーリーがあってファンタジーの世界そのもの。私たち家族(ファミローザ・ハーモニー)をゲストに迎えてのコンサートもやってくださいました。その時のことがサンケイエキスプレスという新聞に載りました。

EX記事JPEG

 文章を読みたい方のためにPDF版はこちら。

 https://rosamusic.net/wp-content/uploads/2014/05/Famirosa_SANKEI101217_02.pdf

 そして、新しいプロジェクトが・・・

 少年刑務所学校でオペラ〜ドン・ジョバンニのオペラを皆で作り上げるというものです!刑期を終えて外に出てからもこの体験が支えになってくれることを信じて・・・という素晴らしい意図があります。映像はポルトガル語で意味は分からないと思いますが、妹曰く「なんでここにいるの?と思わせるほど親切で素直な彼らたち』の歌、このプロジェクトについて熱く語るパウロ校長のインタビュー画像です。

 音楽の力を信じて・・・私も心から応援しています!

 

ママがライバル

2014-05-13

 長女の彩音は武蔵野音楽大学附属高校のピアノ科の3年生。私自身も、そして私の妹妹達も自分の行きたい音楽学校へ入ったので行った学校はバラバラです。私は大好きなピアニスト、そして恩師である井上直幸先生のいらっしゃる桐朋へ高校から入りました。彩音も色々な音楽学校の生徒さん達が出演していたコンサートへ行き、感動した生徒さんが武蔵野音楽大学附属高校だったので、その生徒さんのついている先生に習いたいと熱望し入学しました。そんな風に学校を決められるのは、とても幸せなことだと思います。そんな彩音がTwitterで母の日につぶやいてた言葉・・・

IMG_0267

 

 もう、ライバル視ですか(笑)!それには理由があります。少し前のコンサートで私はショパンのバラードの1番を演奏しました。同じ時期に彩音もその曲に取り組んでいました。私が自分の理想通りに弾けないでいた時期に、私は、彩音の先生でもある私の母と一緒に本番を控えた彩音の演奏を聴きました。そして私が言ったのは「聴いたら落ち込むかと思ったけど、そうでもなくて良かった!」(笑)。彩音は真面目に悔しい!と思った、と後で言っていました。ふふふ・・・そんなことを言い合えるようになったんだね〜。嬉しいような悲しいような複雑な心境だけれど、同じ音楽性を追求する同志として、切磋琢磨し合える仲間がいるのは心強いものです。フィギュアスケートの浅田真央ちゃんがキム・ヨナ選手に対して「幼い頃からキム・ヨナ選手と競争して、私も成長することができた」というコメントをしていた・・・その意味、本当によく分かります。

 と、同時に、よくお母様が「私は全然、音楽が分からないから・・・」と言われている場面に遭遇しますが、子供たちはそれでも側で見守り、聴いててくれる家族がいるから頑張ろうと思うものだと思います。誰かに聴かせたい、聴いてもらいたいという想いは、努力の大きな支えになる。それはアマチュアもプロも同じ気持ちだと思います。

音楽出産

2014-05-11

今日は母の日!起源は世界中、国によって様々で日付も異なるそうですが「母の日」は世界共通のもの。

そうですよね、全ては母のおなかの中から始まるのだもの。出産の大変さは、もう口では言い表せない(笑)。
私が長女を授かった時に友人が「ピアノ弾きながら出産してほしいなあ」なんてことを言いました。そんなの無理!という意味を込めて、家に帰って母親に話したところ、ピアノ弾きながらは無理でも音楽出産は出来るでしょ!ということになり。そんな無茶な!と思いながらも産院へ行って院長先生に話したところ、それは面白いねという話になり(汗)。本当に実現させてしまいました。その産院、バースプラン(希望の出産プラン)というのものを前もって聞いてくれる病院だったのです。声楽家の妹とヴァイオリニストの妹がスタンバイしてくれたのは良いけれど、初産ということもあり、前夜から陣痛が始まったのに生まれたのは翌朝。夜遅く、病院と自宅を往復して駆けつけてくれた家族の演奏の中、長女は誕生しました。続く、長男、次男も同じように音楽出産で生まれました。おなかの中でも音は聴こえるので、音に導かれ、音の中に生み落ちて来たって感覚なのかなあ。家族と病院の協力のもと、子供達は幸せな誕生をすることができました。

長男、次男から、母の日のプレゼント!ということで手作りの花束をもらいました。とっても嬉しかった!
969388_650981508314558_3633197614425368028_n

クラシックだって ヒット曲だった!

2014-05-05
 クラシック音楽は、他の音楽よりも堅苦しいとか敷居が高いとか、どうしても言われてしまいがちです。でも、作られた時代にはクラシック音楽も、その時代のヒット曲だったわけで・・・だからこそ、こんなに聞き継がれ、いまだに色あせずに存在しているのです。
  あるアメリカのテレビ番組で、指揮者の方がクラシック音楽を好きになるには…というテーマでお話をしていました。その指揮者は、ショパンのプレリュードの中の曲をまず、何も説明せずに演奏し始め、途中で「だいたいの方は、この辺で眠くなります」と言ってやめました。
そして、その後に「では、今の曲を会いたい、でも、もう二度と会えない人のことを思って聴いてください」と言い、同じ曲を演奏しました。
すると、聴いている人たちの表情は変わり、中には涙する人も出てきました。その指揮者も、その変化を感じて感激して客席におりて行き、皆と握手していました。
  芸術には、そういう力があると思います。。特に音楽は視覚にとらわれない分、皆さんが自由な想いで受け止めることができ、その想いに浸ることができる器の大きいものだと、私は思っています。
 音楽を聴いて思い出すことって多くありませんか?私はよくあります。大好きで繰り返し聴いていた歌や曲を聴くと、その時の自分にタイムトリップしてしまいます。景色、匂い、気持ちまで思い出して笑ったり泣いたりしちゃいます。
 そんな気持ちで、あらゆる音楽を楽しんで下さい。
 私はお寺で生まれ育ったこともあり、宗教と音楽は、目に見えないことを大切にしているという点で同じものだと感じています。両方とも、深くて、ずっと続いて来たもの、続いて行くもの、受け継がれて行くものだと思います。そういう精神を大切に、私は両方を大事に守っていけるように努力して行きたいなあと思っています。
sIMG_0257
Copyright© 2012-2018 ローザ芸術学院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com