It’s rhythm!

2014-08-03

 今、発表会に向けて長女と連弾する「くるみ割り人形」を練習中。今までに私がファースト、母がセカンドで何度かコンサートで演奏もしました。連弾となると、どうしても音域の関係もあり、ファーストがメロディ担当、セカンドは伴奏担当という構図になります。特に「くるみ割り人形」はオーケストラ曲をピアノ用に編曲しているので、低音部はリズムセクションという要素も多いです。
 今までファーストの部分を長くやっていて、気持ち的には私の伴奏を母にしてもらっているという部分もあったのだなと、今回セカンドを担当して初めて感じました。つまり、実際はそうではない!ってことに気づいたからです。
 見た目が素敵でも・・・スポンジがしっかりしていなければケーキは美味しくない、土台がしっかり出来ていない家は必ず支障が出る、おシャレすることに頑張っても、そもそもの元の身体が健康でなくては、本当に美しいってわけにはいかない・・・そんな様なことです。リズムとベースがしっかりしているかいないかは、その音楽の要になるんだなあ・・・。頭では分かっていたけれど、痛感しちゃった今日この頃です。
 私の敬愛するピアニストの小曽根真さんも「音楽はリズムだ!」とおっしゃっていましたっけ!

e0187342_10513096

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2017 ローザ芸術学院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com