大切なGreen

2014-06-17

 私は木が大好きです。幼い頃から木のある場所で遊んでいたということもあるかも・・・。墓地が主な遊び場だったのですが、墓地には木がたくさんありますから(笑)。
 成長するにつれて木の幹の模様、葉の形を見ているうちに、完璧な芸術作品だなあと痛感するようになりました。そんな大好きなグリーンを家の中にも取り入れるべく、観葉植物も好きです。もちろん、失敗して枯らしてしまったことも何度もあります。今、私のそばにいるグリーンは葉の形状が大好きなモンステラと、それからつる状のものが好きなので、名前は忘れちゃったけど、枕元に置いているもの。リビングにはヒメモンステラ、ガジュマル、他にもいくつか・・・。ヒメモンステラは2ヶ月くらい前に駅構内の花屋さんで見つけました。なんていうか、ものすごい惹かれちゃった。心の中で“私のウチに来てくれる?”って話しかけちゃったくらい。数日後、遊びにきた友人がそれを見て“このグリーン、ここに来て喜んでるよ”って言ってくれたのだけど、なぜだか本当にそんな気がするのです。話こそしないけれど、生き物なわけだから・・・、そう思って名前を付けてみました。名前をつけると不思議なもので、おはよう〜とか、ただいま〜とか話しかけたくなるんですよね。そしたら、なんだか1年前から既にいたグリーンたちに新しい葉っぱが生えてくるようになりました。本当に共に生きているんだなって実感!

 アコースティックな楽器たちは木で作られてるものが多いですよね。ピアノ、ヴァイオリン、ギター・・・お寺にある木魚なんかもそうです。原料である木の種類、それに手を入れた職人さんによって、それぞれ個性が違います。生き物なんだなあって感じます。音楽はそういう、命ある楽器との共同作業で生まれるものなのですよね。

IMG_0269
IMG_0270
                  私の家族の一員 !

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2017 ローザ芸術学院 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com